HOME > サービス一覧 > 電子カタログ変換サービス

電子カタログ変換サービス

電子カタログとは?

電子カタログ(電子ブック)とは、カタログ、パンフレット、雑誌、本等の紙媒体を画面上で読むことができるもののことです。つまり、パソコンで今までと変わりなく本や雑誌をパラパラとめくるように読むことができるのです。またスマートフォン、タブレット端末でも閲覧することができ、いつでもどこでもカタログやパンフレット等を見ることができます。
 
紙媒体の電子化によるコスト削減や新しいマーケティングツールとして使用されたり、 最近では出版と直接関係のない企業でも「紙のデータを2次利用することでWeb作成の手間・コストを削減できる」といった形で利用され始めてきています。
 
 PDFと電子カタログ
  電子カタログサンプル
 

電子カタログ 3つのポイント!

1. コスト削減!

冊子やカタログなどの保管場所で、有効なスペースを使用していません?

電子化することによって有効なスペースの確保ができ、WEB上で電子カタログで配布することで郵送コストを大幅に削減することが可能です。

また、分厚いカタログでも、電子カタログに変換してしまえば、PCやiPadにデータを入れて簡単に持ち歩けます。また、チラシ・冊子・カタログなどをHTML化するには、時間もコストもかかります。しかし、電子カタログなら印刷データを流用して、作成できるため、かんたんにWEB公開できます。

 
2. 閲覧率アップ!

PDFは重くてなかなか開かない、そんな経験ありませんか?

弊社の電子カタログは、ページの拡大・縮小・印刷もスムーズに行え、ページめくりの感触を実物同様に再現しました。1枚ずつめくる、自動でめくる、ページを指定してめくる、がボタンひとつで簡単に操作できます。画像や文字も高精細でキレイに表示され、1000ページを超す大型カタログもストレスなしに安定した立ち上がりと操作性を実現しました。

さらに、検索エンジンにひっかかることにより、検索エンジンマーケティングにも対応し、閲覧率アップに貢献します!

 
3. アクセス解析対応!

弊社が提供する電子カタログは、ページ単位でログ解析が可能です。ヒートマップ型で表示させる専用ビューアーにより、各ページ内において、閲覧者の関心を惹いている箇所の分析結果が、色の濃淡によって視覚的に表現されるので一目で分かります。解析行うことで閲覧者の動向を知ることができ、マーケティングの資料として活用できます。(Google Analyticsに対応)

 
 

iPhone、iPad、Android対応の電子カタログ

弊社が作成する電子カタログは、マルチディバイス対応です。

HTML5対応なのでパソコンやスマートフォン、iPad等の情報端末さえあればインターネット上はもちろん、CD-Rなどのメディアでオフライン環境で閲覧することも可能です。CDは無制限に配布可能とし、Windows、Macどちらでも動作します。もちろんiPhone、iPad、Androidに対応しております。

 
さらに作成した電子カタログをコンテンツ登録をしていただくことで、「ActiBook」(無料アプリ)で見ることができます。アプリで公開することによって、電子カタログをダウンロードすれば、オフラインでも電子カタログが見ることができます。
電子カタログアプリ『ActiBook』
・ ActiBookでは、カテゴリ別に電子ブックを探すことができます。
・会社名からも検索できカタログ・パンフレットも楽に入手できます。
・MY本棚でダウンロードした電子ブックを一覧できます。
  電子カタログマルチディバイス対応電子カタログ操作
 

電子カタログの機能

 電子カタログは、基本的な拡大・縮小はもちろん、自動ページめくり、サムネイル表示、キーワード検索、ふせん機能、切り抜き機能等、様々な機能を自由に組み合わせてつけることができます。

さらにページ内のあらゆる箇所にリンク設定、音声・ビデオ再生、Flashアニメーション組み込みが可能です。例えば、通販カタログから販売サイトにリンクしたり、学習教材、取扱説明書、製品パンフレット、会社案内などのブック形式資料に説明用音声・動画を加えたりするで、閲覧者により効果的に訴えることができます。

電子カタログの機能
 

アクセス解析対応!

弊社が提供する電子カタログは、Google社が無料で提供するアクセス解析サービス「GoogleAnalytics」を利用して、電子カタログの閲覧ログを取得することができます。
これにより、ページ毎の閲覧者数、閲覧時間などの情報を取得し、マーケティング活動などに役立てることができます。

 

さらにGoogle Analyticsと連動しており、ヒートマップログ解析が行えます。これは、ユーザーのページ閲覧回数や拡大表示を行った回数を収集し、クリックした箇所が多いほどサーモグラフィの様に赤く表示するというもので、電子ブックを閲覧しているユーザーの動向やニーズが直感的に分かるようになり、マーケティングの資料として活用できます。

 

※事前にGoogle Analyticsの登録が必要になります。

  電子カタログヒートマップ
ヒートマップログ解析
 
 
  • ご相談・お見積もりなどお気軽にご連絡ください。お客様の用途に合わせたご提案をさせていただきます。TEL:03-3800-2881 [月〜金]9:00〜18:00 [土]9:00〜17:00 ※日祭日、年末年始を除く
  • お問い合わせ
  • お見積もり依頼