In Designの場合

新規ドキュメント作成時の設定 テキストについて アウトラインについて レイヤーについて オーバープリントについて
PDF書き出し リンクについて プリフライトチェックについて パッケージについて  
 
 

新規ドキュメント作成時の設定

仕上がりサイズで必ず作成してください。新規ドキュメント作成時に設定してください。   新規ドキュメント作成時の設定
 
 

テキストについて

「書式」→「フォント検索」で使用フォントを確認してください。 使用フォントが一覧表示されます。当社、対応フォントと確認してください。
スタイルシートやマスターページ、合成フォントに使われているフォントが出力トラブルになることも多いです。
  テキストについて
 
 

アウトラインについて

InDesignはテキストボックスを選択してアウトライン化した場合とテキスト自体を選択してアウトライン化した場合とでは、レイアウトにズレが発生します。
アウトライン化する際はご注意ください。
アウトライン可能な書体と、そうでない書体がございますので、事前にご確認ください。
貼り込まれたオブジェクト内のフォントも忘れずに「元データを編集」でアウトライン化の処理を行ってください。
マスターページを適用している場合、忘れずにマスターページのパレットでアウトライン化の処理を行ってください。
  アウトラインについて
 
 

レイヤーについて

非表示レイヤーは印刷されませんので表示されているか必ずご確認ください。   レイヤーについて
 
 

オーバープリントについて

オーバープリントにチェックを入れると、オブジェクトが重なっている場合、重ねた時の色で出力されることがあります。
意図的な指定以外は、オーバープリントのチェックをはずしてください。
  オーバープリントについて
 
 

PDF書き出し

InDesignから直接PDFデータを書き出すことが可能です。
データ容量が軽くなり、 フォントの埋め込みができる(対応フォントに限る) 等のメリットがあります。
InDeisn CSより、PDF書き出しプリセットに登録されている「x-1a」を使用すれば、安全な印刷用PDF書き出しが可能です。
  PDF書き出し
 
 

リンクについて

InDesignから直接PDFデータを書き出すことが可能です。
データ容量が軽くなり、 フォントの埋め込みができる(対応フォントに限る) 等のメリットがあります。
InDeisn CSより、PDF書き出しプリセットに登録されている「x-1a」を使用すれば、安全な印刷用PDF書き出しが可能です。
  リンクについて
 
 

プリフライトチェックについて

プリフライト画面では対応フォントの有無、画像のリンク切れ、CMYKモードの確認等を行えます。
データ出力前に必ず確認してください。
  プリフライトチェックについて
 
 

パッケージについて

「パッケージ」 を行うと、使用画像等をひとつのフォルダに収集することがで、画像等の漏れを防ぐこともできます。
入稿時にはパッケージを行うことをお勧めします。
  パッケージについて
 
 
 
 
  • ご相談・お見積もりなどお気軽にご連絡ください。お客様の用途に合わせたご提案をさせていただきます。TEL:03-3800-2881 [月〜金]9:00〜18:00 [土]9:00〜17:00 ※日祭日、年末年始を除く
  • お問い合わせ
  • お見積もり依頼