Illustratorの場合

トンボについて 塗り足しについて 画像サイズについて 孤立点について レイヤーについて
フォントのアウトライン化について 配置画像について 不可視データについて ラスタライズ効果設定について  
 
 

トンボについて

トンボとは多色刷りの位置合わせの目安・断裁位置の基準として付けるマークのことです。
出力領域は必ずトリムマーク機能を使用して明示してください。
  トンボについて
 
 

塗り足しについて

塗り足しとは断裁位置よりデータを3mm程度のばすことを言います。断裁時に若干のズレが発生する場合があり、縁なし印刷の場合、地の紙が見えてしまうことがありますので塗り足し領域は必ず確保してください。   塗り足しについて
 
 

画像サイズについて

配置した画像の拡大・縮小・回転はエラーの原因となる恐れがあるので、極力実寸でご使用ください。   画像サイズについて
 
 

孤立点について

孤立点とはオブジェクトを削除する際に残ってしまったアンカーポイントのことです。印刷時に悪影響を及ぼすことがあるので、孤立点は必ず出力領域の内外ともに取り除いてください。   孤立点について
 
 

レイヤーについて

不要なレイヤーは、あらかじめ削除してください。   レイヤーについて
 
 

フォントのアウトライン化について

Illustratorは様々なフォントを使用できますが、データを開く環境によって異なるフォントで出力されてしまいます。
フォントは必ずアウトライン化(オブジェクトデータに変換)してください。
  フォントのアウトライン化について
 
 

配置画像について

画像は埋め込みではなくリンクで配置してください。入稿時は必ずリンク画像を印刷データと同じフォルダに入れてください。(両方そろって、完全なデータになります。)   配置画像について
 
 

不可視データについて

不可視データを出力領域の外側に大きくはみ出して配置しないでください。
例)マスクのかかった写真など
  不可視データについて
 
 

ラスタライズ効果設定について

ラスタライズ効果とはベクトルデータからピクセルを生成する効果のことです。 「フィルタ」「効果」機能を使用した場合は、オブジェクトの「分解・拡張」「ラスタライズ」をおこなってください。   ラスタライズ効果設定について
 
 
 
 
  • ご相談・お見積もりなどお気軽にご連絡ください。お客様の用途に合わせたご提案をさせていただきます。TEL:03-3800-2881 [月〜金]9:00〜18:00 [土]9:00〜17:00 ※日祭日、年末年始を除く
  • お問い合わせ
  • お見積もり依頼