DESCA「デスカ」

安心の印刷通販 ネットDEコム

ポケットファイル.com

印刷見本市場

本、書籍、パンフレット、冊子本の特殊加工はブックプリントライフ

自社工場による生産一貫体制

新晃社が選ばれる理由

印刷・DTP用語集

新晃社 Facebookぺーじ

JAPANCOLOR標準認証

Pマーク

ONLY STORY

印刷・DTP用語集

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
A-E F-J K-O P-T U-Z 0-9        
 
 

は行

 
【ま】
巻き折り(まきおり)[parallel folding]
刷本の折り方の1つ。一定の幅で巻きながら折る方法。小型事典などの薄い紙を使う場合に行われる。平行折り。
 
巻取印刷機(まきとりいんさつき)
巻取紙専用の印刷機械。輪転方式の印刷機。ウェブ印刷機。
 
巻取紙(まきとりし)[machine made paper]
輪転印刷機で使われる長巻紙。所用の幅と直径に巻き取られ、連続した紙。
 
膜上/膜下(まくうえ/まくした)
原版フィルムの膜面が、文字や画像に対して正しく見える向き(膜上)か逆向き(膜下)かを表す言葉。通常オフセット印刷に使われる原版はポジの膜下で、集版時ではネガの膜上の材料で作業される。
 
膜面(まくめん)[emulsion]
写真用のフィルムの感光する側。感光剤として各種の乳剤が塗布してある。製版用フィルムも同様で、現像後に網点などが残るのも膜面側であり、取り扱いに注意が必要となる。裏側をベース面という。乳剤面。
 
増刷り(ましずり)
印刷した予定販売数が終了した後で更に必要になった時、再び印刷すること。
 
マージン[margin]
書籍・雑誌などのページで、版面以外の天地・左右の余白。→アンウィンの法則、モリスの法則
 
マスキング[masking]
カラー4色印刷では印刷インキや分解用フィルターの理想からのズレ(分光吸収特性の欠陥)や網点よる調子の変異などを補正するための手法。かつてのカメラ ワークによる写真撮影ではセパレーションポジフィルムまたはセパレーションネガフィルムからマスク版と呼ばれるフィルムを作り、元のファイルに重ね合わせ て露光していた。これをマスキングと呼ぶ。スキャナではコンピュータで演算処理する。
 
マスターページ[master page]
ページ物の各ページに必ず入れる、柱、ノンブル、余白、ガイドなど共通の要素を自動的にドキュメントページに作成するための機能。マスターページにオブ ジェクトを作成し、ドキュメントページにマスターページを適用すると、マスターページに作成した要素は自動的にドキュメントページにコピーされる。 QuarkXPressやInDesign、PegeMakerでは複数のマスターページを作成することが可能。
 
マゼンタ[magenta]
プロセスインキの紅(あか)。M版。→紅版(あかはん)
 
 
【み】
見返し(みかえし)[end paper]
書籍の中身と表紙をつなぐ目的で、表紙の裏側に貼る紙。本文用よりも丈夫な紙を使う。前表紙に付ける前見返しと、後表紙に付ける後見返しとがある。大型本では強度不足を解消するために、巻き見返し・継ぎ見返しなどの補強が行われる。
 
右揃え[flash right]
欧文・横組みで、行末・右揃えで行頭を不揃いにする組み方。行末を単語の切れめで切り、語間のスペースを一定にする。フラッシュライト。ラギットレフト。
 
右綴じ(みぎとじ)
右側で綴じられた本文縦組みの本。右開き。
 
ミシン
伝票類やとじ込み葉書など、紙片を切り離すために入れる点線状の切り込みを入れること。またはその機械。印刷時に入れる刷りミシン、製本加工の際に入れるスロットミシン・ラインミシンなどがある。
 
溝(みぞ)[groove]
本製本の厚表紙の平と背の境に付けられた溝。表紙の開き具合をよくするために付けられる。溝付き。
 
見出し(みだし)[headline,heading]
1→記事の最初に付けられた表題。読者に興味をもたせるように工夫し、記事の内容を端的に表現したもの。タイトル。2→書籍で、編・章・節などの表題。大見出し・中見出し・小見出しなどの分類がある。
 
見開き(みひらき)
書籍・雑誌などを開いた状態において、偶数・奇数の両ページをセットにしていう言葉。
 
見開きページ
1→「見開き」と同義語。2→写真やイラストなどが、本を開いた左右のページにわたって印刷されている状態をいう。写真やイラストなどが左右のページに分 割されるため、製版・印刷時に位置を合わせ、色再現についても合致させなくてはならない。なお、「見開き対向」といった場合は、面付けする時に向かい合う ページどうしのことをいう。
 
耳(みみ)[ear joint]
1→上製本の中身をバッキングした時に丸背の部分が左右にはみ出た部分。2→和紙では抄いたままの紙を耳つきといい、用紙では抄いたあと切り落とす部分をいう。
 
明朝体(みんちょうたい)
和文書体の主要書体。縦線は太く、横線は細い、さらに終筆に「うろこ」という三角のセリフが付いた書体である。江戸中期に明朝体の骨格ができていたといわ れ、当時は縦横の線の太さの区別は少なかった。中国では宋体と呼ばれ、日本には16世紀半ば、明の時代に伝えられた。現在の書体は縦横の線の太さが異なっ ているが、明治以降活字をつくる際にローマン体に準じたものといわれる。
 
 
【む】
無限遠(むげんえん)[infinity]
被写体がレンズにとって無限とみなせる距離にある状態のこと。広角レンズでは無限とみなせる距離は、望遠レンズにとってはピント合わせが必要な場合が結構ある。
 
無彩色(むさいしょく)
彩度(色の鮮やかさ)のない色。白、黒、グレーなど。(対)有彩色
 
無地網(むじあみ)
全面が均一な濃度の網点で形成されているシート状のもの。平網。スクリーンチント。
 
無線綴じ(むせんとじ)[perfect binding]
折丁を接着剤(ホットメルト)だけで結合する綴じ方。丁合い後、背の部分を裁ち落とし、その切断面を引っ掻いて粗面とし、接着剤を塗布して接合する方式。 電話帳をはじめとして大量生産が可能であることから広く使われている。網代綴じも無線綴じの一種だが、背の部分は裁ち落とされないので混同しないよう注意 が必要。パーフェクトバインディング。
 
ぶら下がり
句読点を標準指定の字詰めから、はみ出させる組み方。ぶら下がりは句読点に限られ、カッコ類・中黒は不可。基本的に縦組みで行われる。欧文組みでは、ぶら下がりを行わないことから、和文の横組みでは不可とする向きも多い。
 
無双罫(むそうけい)
太罫線。使用文字サイズと同じ幅の太い線。→罫線
 
無双表紙(むそうびょうし)
薄表紙の一様式。表・背・裏がつながった1枚の薄い芯紙に表装材料を貼る方式。
 
ムック[mook]
magazineとbookからの造語。雑誌の形態に近いが定期的に刊行されるとは限られない。需要に応じて増刷を重ねていく。
 
プロセスカラー[process color]
色の3原色であるシアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)にブラック(K)を加えた4色をいう。CMYの混合では実際には純粋なブラックが再現できない。
 
プロファイル [profiles]
スキャナやモニタ、プリンタのような入出力デバイスの特性を記述したファイルで、カラーマッチング時に使用する。
 
 
【め】
明度(めいど)[lightness]
色相、彩度とともに色の3属性の1つで、物体表面の反射率の高低によって決める。
 
めくり合わせ校正(めくりあわせこうせい)
赤字引き合わせ校正法の1つ。訂正した後の版下コピーや校正刷りと、赤字校正紙とを上下の文字絵柄が一致するように重ね合わせて、パタパタ初校をめくりながら赤字部分を照合していく方法。
 
メジャーパレット[major palette]
QuarkXPressで、ボックスや画像、テキストなどの主たる編集機能をメニューから選択しなくてもできるように一括管理するパレット。メジャーパ レットの表示内容は、選んだアイテムやコンテンツの種類によって変化する。メジャーパレットを使うと、座標やアイテムの大きさなどを数値ですばやく指定で きる。
 
メッシュ[mesh]
グラビア印刷で、グラビアシリンダー上で画線部が腐食されできるもの。またはそれが網目状に全体に入っていること。溝の深浅で色の濃度を表現する。セル。
 
目詰まり(めづまり)
インキの供給量が多過ぎることにより小さな文字がつぶれる現象。また、印刷で網点がつぶれることを「からみ」という。
 
メニュー[menu]
それぞれのソフトウェアに用意され、機能を選択しやすいようにリスト形式で表示されるもの。
 
メモリ[memory]
コンピュータの中で命令やデータを記録しておく場所で、一時的にデータを記憶するRAM、常に、同じデータを記憶するROMなどの半導体メモリがある。また、ハードディスクやCD-ROM、MOなどのディスクメモリも広く普及している。
 
面付け(めんつけ)
印刷物を折り加工した時、ページが順に正しく揃うよう、一定の方式で版下を配列すること。版下では面台紙に貼り込まれ、製版ではフィルムにセットし、 DTPではデータ上で配列する。本文縦組みと横組み(本文縦組み=地合わせ、横組み=天合わせ)、また折りの方式などによって配列式が異なる。
 
面付け台紙(めんつけだいし)
面付けを行うための基準となる寸法で作られた台紙。センター、角のトンボやノドなどの線が入れられていて、これに従ってフィルムを貼り込んだり焼きこんだりする。ペラ台紙、2面見開き、2面対向、4面、8面などがある。
 
メーンプレート[main plate]
手動写植機で使われる使用頻度の高い文字を集めた文字盤。メーカーにより収容文字数は異なるが、通常の文字組版の90%はメーンプレートで印字処理ができる。
 
 
【も】
モアレ[moire]
モワレともいい、moireというフランス語からきている。規則的なパターンで作られた点や線が2つ以上重なった時に発生する縞模様のこと。4色印刷の場 合網点によるモアレを目立たなくするためにスクリーン角度を15゜、45゜、75゜の30゜違いにCMKを配置し、色として目立ちにくいYを他と15゜違 いにして製版することが多い。また印刷物を原稿にする(刷り物分解)と、モアレが発生しやすい。なお30゜違いの時に発生するパターンはロゼッタと呼ば れ、モアレとは区別される。→ロゼッタ、口絵(色の校正)
 
目次作成(もくじさくせい)
PageMakerでは目次に入れる見出しの段落設定で【目次に含める】をチェックすることによって、その文書の目次を作成することができる。いくつかの 文書を「ブック」に定義しておけば、ブック全体の目次も作成可能。QuarkXPress 4.Xでは、リスト機能を使って目次を作成できる。
 
文字コード[character code]
文字符号。コンピュータで文字を扱うために、どの環境でも同じ文字を表示できるように、文字を符号化して1文字ずつに符号を割り当てて定義したもので、字 形までは定義されていない。文字コードには複数の規格があり、JISコードやシフトJISコード、区点コード、EUCコード、Unicodeなどがある。 →文字セット
 
文字セット
文字に割り振った符号(文字コード)を応用して、さらに文字の字形やその他の情報を定義したもの。
 
文字ツメ
Indesignで和文文字の文字間を詰めるための機能。【文字】パレットの【文字ツメ】で0〜100%の間で設定し、100%に設定しても隣り合った文字が重なることはない。
 
文字化け(もじばけ)
文字データの出力で、別のフォントに置き換わって出力されたり、出力機に登録されていない外字が一定のマークに代わって出力されること。これを回避するには、必要なフォントや外字をあらかじめ使用しているマシンやプリンタにインストールしておく必要がある。
 
モットリング[mottling]
印刷面のベタ部分にインキが、不規則な濃度ムラによってちりめん状になる現象。
 
モノルビ
親文字に対してそれぞれルビを振る方法。モノルビが親文字に対して、語句全体に対して振るグループルビもある。→グループルビ
 
モリサワフォント
写植機と写植書体のメーカーでもあるモリサワ社が発売するデジタルフォント。モリサワフォントはMacintosh DTP業界の標準フォント。アドビシステムズ社とライセンス契約を結んで作られたPostScriptプリンタには、モリサワフォントが搭載されているこ とが多い。
 
モリスの法則
紙面における余白(マージン)の法則の1つ。のどアキ1:天のアキ1.2:小口のアキ1.44:地のアキ1.73という比率。各部位が2割ずつ増える。イ ギリスの装飾芸術家ウィリアムス・モリス(1834〜1896)の友人であった図書館司書が中世の書籍を調べた結果、共通の理論を発見。その説をモリスが 発表したことから、モリスの法則といわれる。