DESCA「デスカ」

安心の印刷通販 ネットDEコム

ポケットファイル.com

印刷見本市場

本、書籍、パンフレット、冊子本の特殊加工はブックプリントライフ

自社工場による生産一貫体制

新晃社が選ばれる理由

印刷・DTP用語集

新晃社 Facebookぺーじ

JAPANCOLOR標準認証

Pマーク

ONLY STORY

印刷・DTP用語集

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
A-E F-J K-O P-T U-Z 0-9        
 
 

な行

 
【な】
中綴じ(なかとじ)[saddle stiching]
表紙と本文とをいっしょに丁合いし、2つ折りになった背の部分を、表紙の側から真ん中の見開きページにかけて、針金または糸で綴じる並製本の一様式。週刊誌・パンフレットに多い。サドルステッチ。くらかけ。
 
波罫(なみけい)[wave rule]
文字組版に使う波形の罫。俗称「ブル罫」という。
 
並字(なみじ)
指定された書体や大きさの文字に替える指示記号。変形を正体に、拗促音を普通の大きさに替えることなど。校正記号では「ナミ」と使う。
 
 
【に】
ニアレスネイバー法(ニアレスネイバーほう)
画像補間の方法の1つ。隣接するもっとも近いピクセルの色をコピー、新しいピクセルを作る方法。処理は速いが、ジャギー(ぎざぎざ)が目立つ。
 
 
【ぬ】
抜き合わせ(ぬきあわせ)[trapping, kock out]
写真や地色と重なる文字・罫などを下色と混ざらないようにするために行う作業。製版ではマスクを掛けて処理する。抜いたまま紙白を出せば「白ヌキ」にな り、抜いた部分と同じ形に違う色を入れるのは「抜き合わせ」または単に「ヌキ」という。反対語は「ノセ」だが、通常、スミベタ以外の色のにごりを避けるた めに、ほとんどを抜きにする。また抜きの処理がしてあると、校正後の修正が製版段階からの作り直しになるので「ノセ」で構わない部分(スミベタの文章な ど)は抜かせない方が賢明といえる。DTPソフトでは「ヌキ」を「ノックアウト」、「ノセ」を「オーバープリント」と呼ぶことが多い。
 
 
【ね】
ネガ[negative film]
ネガティブフィルムの略。カラーフィルムでは補色、モノクロフィルムでは白黒・明暗が逆となっているフィルム。←→ポジ
 
ネットワークタイムサーバ[network timeserver]
時刻を合わせるために利用されるネットワーク上のサーバー。NTP(Network Time Protocol)サーバー。MacintoshでもMac OS 9から[日時&時刻]コントロールパネルを使ってインターネットに接続して時刻を合わせることができるようになった。
 
ネーム[name]
キャプション。図版・写真などの説明文。本文の文字サイズより1〜2段階小さい文字が使われる。
 
 
【の】
ノッチ[notch]
シートフィルムの種類や膜面を表示する目的で、フィルムの縁に付いている刻み目。フィルムの短辺を上にし、刻み目が左上にあれば正しい向きである。
 
のど/ノド[gutter]
書籍や雑誌の綴じ目の側。
 
ノンブル[nombre]
書籍・雑誌の各ページの順序を示す番号。慣例として、縦組みは漢数字またはアラビア数字を使い、横組みではアラビア数字のみを使う。特に横組みでは前付け のページはローマ数字を、後付けのページは本文と異なる書体(イタリックなど)を使って区別する場合がある。ページ番号。
 
ノンライニング体(ノンライニングたい)[non lining]
欧文書体でアセンダ・ディセンダを持つ数字。